建てられる面積

家の面積には建築面積と延べ床面積の2種類があります。

建築面積は敷地のうちの家を建てるために使う面積のこと。延べ床面積は各階の床面積の合計です。

建築面積は建ぺい率で、延べ床面積は容積率でそれぞれ制限されています。

敷地面積に建ぺい率を乗じた数値が建築面積の、容積率を乗じた数値が延べ床面積の上限です。

例えば敷地面積が100㎡で建ぺい率50%なら建築面積の上限は50㎡、容積率が100%なら延べ床面積の上限は100㎡となります。

建ぺい率、容積率は用途地域ごとに異なる値が定められています。

建築面積は敷地が角地であれば建ぺい率が10%上乗せされることがあります。

延べ床面積の上限は前面道路の幅員が12m以上であれば指定容積率そのものになりますが、12m未満の場合はして容積率よりも小さくなる場合があります。

なお、建物の高さにも用途地域ごとの絶対高さ制限の他、斜線制限によって規制されます。

裸足で暮らせる家づくり カワイハウス

0コメント

  • 1000 / 1000